求人が多くなる時期について

企業が求人を多く行う時期ですが、一般的に3月から4月、そして9月から10月と言われています。

昔と違い、今は年間を通じて企業は募集を行います。特に、これから少子高齢化が進んでいき、企業は若年層を今のうちに確保しておきたい狙いがあります。募集は通年を通して、活発に行われていく事は、今後も変わりません。しかし、時期によって求人の数に変化がある事は間違いありません。

その理由は様々ですが、1つの理由として、ボーナスをもらって退職する人が多いといった理由が挙がります。ほとんどの企業が年間のボーナスを7月と12の2回、支給します。逆に6月や11月など、ボーナスの前月もしくは支給のギリギリ前に退職をしてしまうと、企業からボーナスを頂く事が出来ません。

そのため、どの人も、ボーナスを頂いてから退職する事を考えるのが当然の事です。12月にボーナスを頂いてその月中に退職、または翌月の1月に退職、そして企業は3月4月の、人の入れ替わる時期に求人を多くするパターン、そして7月にボーナスを頂き、9月10月に求人を多くするパターンがあります。

そのため、自身が転職活動を行う場合は、時期を選ぶ事も大事です。上記の時期に転職活動を行うという事は、ライバルが多くなるという事ですので、当然、競争率は高くなります。しかし魅力的な人材は、企業にアピールする事で、採用されやすくなるとも考えられます。

要は人によって捉え方があるため、あくまでも、求人が多くなる時期に活動を始めるという選択肢をどう捉えるか、しっかり考えて行動をするべきであるという事です。

DODAエージェントサービスについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です