求人が少ない時期は意外にチャンスが多い

1年のうちには求人が少ない時期があります。

8月と12月から1月は一般に求人の数は少ないです。この時期は就職活動をする人の数も減少します。仕事を探すのに適していない時期に思えますが、ライバルが少ないことはプラスの条件です。ライバルの数が少ないので、この時期に就職活動をすれば、自分が入りたい会社に意外に採用されることがあります。

最近は常時求人を出している会社があります。その良い例はヴェンチャー企業です。ヴェンチャー企業で業績が好調なところだったら、業務を拡大するために1年中人材を募集することがあります。このようなヴェンチャー企業だったら、他の人が就職活動をしない時期に申し込んだら、採用されることがあります。

ただし、お盆とお正月に近い日にエントリーすると迷惑がられることがあるので、避けた方が良いでしょう。ヴェンチャー企業以外にも常時人材を募集している業界があります。建築業界や介護業界です。この2つの業界は仕事を敬遠する人が多くて、人手不足が続いています。

この2つの業界でも3月や4月は採用を申し込む人が多いですが、8月と12月から1月は少なくなっています。もしきつい仕事でも構わなかったら、他の人が申し込まない夏や冬の時期にこの2つの業界のどちらかに申し込んでみましょう。

人手が足りない会社や事業所だったら、すぐに採用される可能性があります。建築の仕事も介護の仕事も、未経験者でもやる気があれば、採用することが多いです。

DODAエージェントサービスについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です